介護資格・医療資格の取得が分かる資格取得ナビ


介護資格と医療資格の勉強方法から資格取得後の就職までを分かりやすく解説しています。資格取得
に失敗しないためにも介護資格・医療資格の現状を踏まえて確実な取得プランを立てましょう!






「介護事務の仕事とは?」


「介護事務」は、介護を必要とする高齢者の方が、介護保険サービスを利用されたさいに発生する
介護報酬の計算を行うのが主な仕事で、これを「介護報酬請求業務」といいます。


実際に介護保険サービスを利用したさいに利用者側が負担するのは1割です。そして、残りの9割
を保険者である各市町村及び国が負担する形となっているため、業務そのものが非常に複雑です。


介護保険サービスを利用したさいに発生する料金の9割を各市町村が支払うということは、大半が
私たちの税金から支払われるわけですから、僅かなミスも許されないかなり神経を使う仕事です。



「介護事務として働ける職場とは?」


介護事務として働ける職場は、介護事務所、在宅介護サービス事業者、老人ホーム、介護老人
保健施設、病院など介護保険サービスの利用が認められている施設で求人があります。


介護事務という仕事は、ケアマネージャーのように表立って仕事をすることはありませんが、介護
施設を運営するにあたって欠かすことができません。まさに縁の下の力持ちといった存在です。


また、ケアマネージャーをサポートするのも重要な仕事です。少子高齢化の流れから、年々介護保険
サービスを利用される高齢者が増えていることもあってか、各種介護施設の需要が増しています。



「介護事務として働くのに必要な資格とは?」


介護保険サービスの利用が認められた介護を必要とする高齢者の方が介護施設の利用すると、まず
それに対して介護報酬明細を作成しなければなりません。こうした事務作業を行う人がいなければ、
介護施設内の業務は混乱し、ケアマネージャーや介護福祉士など介護職員は仕事になりません。


介護事務は、介護業界においてそれだけ重要な仕事なわけですが、職につくためには、介護報酬の
算定に関わる知識が当然必要になりますので、それを資格で証明しなければなりません。


介護事務として必要な知識があることを証明する資格が介護事務管理士です。受験資格は特にあり
ません。ユーキャンなどの通信講座を利用して独学で勉強される方も少なくありません。


求人数国内最大約3万件【介護求人ナビ】 >>





シカトル